第19回大治太鼓保存会発表会
平成23年8月28日(日)
開場:12:30 開演13:00
大治町公民館
入場無料(全自由席)
出演
○大治太鼓 子供連
○大治太鼓 婦人部
○大治太鼓 二千翔(にちか)
○大治太鼓尾張一座
ゲスト
神谷茂良
 1968年、愛知県稲沢市で和裁職を営む夫婦の次男として生まれる。三味線を始めるきっかけとなったのは10歳のとき、茶の間で何気なく見ていた民謡番組の津軽三味線の音に感動をし、以来憧れつづけ15歳で初めて三味線を手にする。
青森県で開催される津軽三味線全日本金木(かなぎ)大会で
1994年より2年連続Aクラス個人優勝の偉業を達成、また自ら率いるグループ「三味線フリークス」もさまざまな全国大会にて3度、団体優勝に導く。
 現在は主に演奏活動(ライブハウス・コンサート)を精力的にこなすと共に、津軽三味線の演奏指導、技術の伝承にも力を注ぎ、NHK文化センターの講師も務めるなど、実力派の若手演奏家として注目を集めている。
2002年より「三味線フリークス」を「和胤」と改名し、会主を務める。
アクセス
名鉄・市バス「大治役場前」下車、交差点「大治役場南」(コメダのある交差点)を北へ徒歩4分。
※ご来場は公共交通機関をご利用下さい。
駐車場の数に限りがあり、駐車できない場合がございます。
主催:大治太鼓保存会